平成29年度在外公館長表彰:南アルバータ仏教会・泉康雄教開師

2月3日、レスブリッジ市で行われたレスブリッジ地域日系文化協会の新年会において、田辺総領事は、平成29年度公館長表彰の授与式を行い、泉康雄・南アルバータ仏教会教開師に表彰状を手渡しました。

泉教開師は1970年に浄土真宗本願寺から普及活動のためレスブリッジに渡り、その後バンクーバー、トロント、リッチモンドでの活動を経てカルガリーに戻り、カルガリーでは通算15年、カナダ全体では通算48年間、日本の仏教を通じた活動に従事してこられました。レスブリッジ地域では同教会は日系1世のみならず2世・3世の世代においても日系コミュニティー形成の支柱となっています。

また、泉教開師は信徒以外の方々にも広く門戸を開き、毎週の集会には禅文化に興味を持つ多くの非日系カナダ人が参加されています。さらに同氏は地元警察官や病院の終末期医療に携わる方々、服役囚を対象としたセッションを実施するなど日本仏教を通じた社会貢献を積極的に続けられています。




泉康雄氏(左)と田辺総領事